ドローンで空撮や測量を目的とした撮影に対応!価格に関する相談もお気軽に~ドローンの空撮と航空法について~

ドローンの空撮を納得の価格で依頼するなら
~測量などあらゆる動画の撮影に対応~

ドローンの空撮を納得の価格で依頼するなら~測量などあらゆる動画の撮影に対応~

ドローン空撮をプロに依頼するなら、ぜひ「Sky Synapse」へお申しつけください。測量を目的とした動画撮影など、あらゆる空撮に適正価格で対応いたします。

許可が必要な夜間撮影や高度500m、目視外、イベント上空での撮影など、豊富な実績を持った専門スタッフが対応いたします。また、国交省の無人航空機の関わる許可も正式に取得しているので、安心してお任せください。

サービス内容や価格に関する疑問なども丁寧にお答えします。

ドローンの空撮に「Sky Synapse」が対応
~専門の業者としてドローンの導入もサポート!~

ドローンの空撮に「Sky Synapse」が対応~専門の業者としてドローンの導入もサポート!~

ドローンの空撮は様々な可能性を秘めていることから、多くの企業で導入されています。しかしながら、ドローンの導入には何かと手間がかかるものです。

例えば、購入時には目的や用途に合わせてドローンを選ばなければならず、実際に運用する場合は後述する航空法の理解が必要となります。

ドローンを専門に扱う「Sky Synapse」では、ドローン導入時のサポートも行っております。

業者ならではの視点からお客様にあったドローンを提案するほか、フライト許可の申請サポートなども併せて行います。また、講習も行っていますので、ドローンの扱いに不安のある方も安心してお使いいただけます。ドローンの導入をお考えならぜひご相談ください。

ドローンの空撮を楽しむなら!
~押さえておきたい「航空法」~

ドローンの空撮は様々なシーンで活用されており、これからますます需要が高まると予想されています。そんなドローンで撮影を楽しむなら「航空法」は最低限押さえておきたい法律です。航空法の概要について簡単にご紹介いたします。

航空法とは?

航空機の安全や航行における障害の事前防止等を目的とした法律であり、ドローンは航空法における「無人航空機」に該当します。近年の航空法の動きとしては、ドローンによる事故が2015年内に相次いだことを受け、12月10日にはドローンの規制強化を目的とした航空法の改正が行われました。

最新のテクノロジーによって生み出されたドローンは法整備が追いついていないのが現状で、今後もさらに新しいルールが追加されるものと考えられます。

航空法のドローンに関する規定について

航空法ではドローンを無人航空機として、主に以下のようなルールが設けられています。

  • 住宅や人が密集している場所及び空港周辺では国土交通大臣の許可を得なければならない
  • 夜間飛行の禁止(夜間や目視外等において無人航空機を飛行させる場合等には、国土交通大臣の許可や承認を要する)
  • 150m以上の空域にて飛行する場合、国土交通大臣の許可を受けなければならない

ドローンで空撮する際は航空法の知識が必要となりますが、プロにお任せいただければその必要はありません。徹底した安全管理のもと、法を遵守した上で最高の映像をお届けするのがプロの務めです。ドローンの空撮を行う際はドローン運用のプロである「Sky Synapse」へご相談ください。その都度行われる法改正にも対応していますので、安心してご依頼いただけます。

国土交通省のドローンについての航空法
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

お役立ちコラム

ドローンによる空撮をお考えの際は「Sky Synapse」へ

会社名 株式会社Sky Synapse
住所 〒904-2172 沖縄県沖縄市泡瀬2丁目41番27号
TEL 098-988-7310
URL http://skysynapse.co.jp/
Page Top