ドローンで撮影できない場所について

一般道路、高速道路、一般市民、一般家屋等の上空、空港の近隣、電波障害が考えられる場所(送電線の近隣等)。
公的な場所での飛行は、事前に警察等への届けが必要です。

ドローン撮影できない天候について

雨天(少雨含む)は飛行できません。
風速7m/s以上の場合は、危険を伴うため飛行できません。

飛行の方法

飛行させる場所に関わらず、無人航空機を飛行させる場合には、
[1]日中(日出から日没まで)に飛行させること。
[2]目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること。
[3]人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること。
[4]祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと。
[5]爆発物など危険物を輸送しないこと。
[6]無人航空機から物を投下しないこと。
といったルールを守っていただく必要があります。

上記のルールによらず、無人航空機を飛行させようとする場合には、あらかじめ、国土交通大臣の承認を受ける必要があります。

弊社は「人又は家屋の密集している地域の上空」、「夜間飛行(22時まで)」の条件で、日本全国の飛行を国土交通省より許可を得ておりますが、それは以外の条件下での飛行の場合は申請が必要となります。

保証の範囲について

弊社では以下のドローン保険に加入しているため、保証金額内で対応することができます。
保険会社名:東京海上日動火災保険株式会社
補償金額:(対人)3億円 (対物)3億円

Page Top